カテゴリー「2006プライスコレクション若冲と江戸絵画展」の1件の記事

2006年9月 6日 (水)

プライスコレクション若冲と江戸絵画展

展覧会:プライスコレクション若冲と江戸絵画展
場所: 東京国立博物館
会期:2006年7月4日(火)~8月27日(日)
訪問日: 8月16日

 久しぶりに美術の展覧会に行ってきました。
 プライスコレクション若冲と江戸絵画展です。
 アメリカのジョー・プライス氏による伊藤若冲を中心とした絵画の展覧会です。
 この展覧会、まったく仏像は出ていません。仏画もあまりありません。
 それでも、思いのほか素晴らしい展覧会でした。
 プライス氏は建築家のフランク・ロイド・ライト氏の影響を受け、自然を大切にしていたと言われています。
 今回の展覧会でも、私の大好きな野鳥を始め、昆虫や草花を題材にした作品が多数展示されていました。
Photo
 なかでも、酒井抱一の十二か月花鳥図は本当に美しく、描かれた野鳥や草花、昆虫たちに対する抱一の温かい視線が存分に味わえます。
 展覧会のメインである若冲に興味があって出かけたので、若冲のポップな鳥獣花木図や、本物よりリアリティのある鶏の作品などを見られてよかったです。
 でも、酒井抱一や鈴木其一など琳派の作品にも優れた作品が多く、自分が琳派好きであることを初めて確認する結果となりました。

| | コメント (0)