カテゴリー「平安時代の仏像」の15件の記事

2017年8月21日 (月)

桑名市・勧学寺の千手観音立像

岐阜から三重県桑名市へ移動。
8月9日と10日に開帳される、勧学寺の千手観音立像をお参りしました。
平安時代の木の中から抜け出てこられたような静謐さを感じました。後補はあるようですが、それでも。
写真禁止と言われましたので、三重県の文化財のサイトを貼っておきます。


1503269467970.jpg

1503268417299.jpg

1503268418174.jpg

私が訪れたのは昼間の時間帯。観音様のお厨子は開いていましたが、地元の方々がお祭りの準備をされており、他に参拝者はほとんどおられません。参道に提灯がならんでいたので、夜になると参拝者で賑わうのでしょう。
静かに間近でお姿を拝めました。

あたたかく迎えてくださった皆様に感謝いたします。

住所=桑名市矢田266番地
ご朱印は近くの大福田寺でいただけるそうです。


1503268418805.jpg

1503268419550.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

岐阜市・慈恩寺の千手観音坐像

8月9日と10日は観音さまの功徳日。四万六千日、千日詣りなど、その呼称はお寺によって多少異なるようです。この日に観音さまのご開帳を行うお寺がありますので、今年は岐阜と三重に遠征し、お参りしてきました。

最初に訪れたのは、岐阜市の慈恩寺です。
8月9日と10日。朝7時から正午に限って、千手観音さまがご開帳されます。
頭の上に腕を伸ばし、阿弥陀如来さまを掲げ持つ、清水寺式と呼ばれるお姿です。真っ黒い異形のお姿にぞくぞくしました。

1503205058642.jpg

1503205059410.jpg


本堂にはお檀家様がひっきりなしお参りされ、お経が絶えることなく聞こえてきました。

慈恩寺まで岐阜駅からバスで40分。下車後、田んぼの中を徒歩で15分ほど。事前にお寺にお電話で問い合わせしたとき、「バスは極端に本数少ないし、バス停からも遠いですよ」と心配されましたw

帰りのバスの時間まで90分ほど。ゆっくり休み休み拝観できました。

真夏のご開帳は暑いですし、観音さまの霊力が強いように思いますので、時間をたっぷりとり、のんびりお参りするのがよろしいかと。


1503205060058.jpg

1503205060718.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

2017年1月~3月仏像拝観リスト

1月1日
 除夜の鐘 高幡不動尊(重文の不動三尊にカップ酒のお供えがありました)

1月2日
神奈川県
 川崎市 影向寺(平安後期の薬師三尊、二天像、十二神将)

1月7日
東京都
 〇根津美術館 興福寺・梵天帝釈天の再会
 〇上野・長浜観音ハウス 馬頭観音像
 〇東京国立博物館 櫟野寺展の4回目

1491220354066.jpg


1月8日(初薬師と大山の鉄造不動尊御開帳日)
神奈川県伊勢原市
 日向薬師 初薬師で秘仏の鉈彫り薬師三尊ご開帳。薬師がゆのご接待あり。
 雨降山大山寺 鉄造不動明王像のご開帳(毎月8, 18, 28の日)、本堂左手に平安末期の五大明王あり。

1月15日(初閻魔と増上寺黒本尊のご開帳日)
東京都
 新宿区 太宗寺(閻魔と奪衣婆、三日月不動明王立像など)(奪衣婆は区の民俗文化財)
 文京区 源覚寺(鎌倉時代の閻魔大王像、区の有形文化財)
 港区 増上寺(黒本尊=阿弥陀如来立像のご開帳、毎年1月15日、5月15日および9月15日のみ)

1月28日(初不動)
群馬県
 渋川市 宮田不動尊ご開帳日(国の重要文化財)
 千代田村 光恩寺(県指定文化財、阿弥陀三尊)

2月5日
山梨県
 山梨県立博物館 「浄土への憧憬」展 
 〇阿弥陀如来坐像(隆円寺、南アルプス市指定文化財、41.2センチ、13世紀)
 〇観音菩薩立像(安楽寺、笛吹市指定文化財、146.8センチ、10~11世紀)
 〇飛天2つ(甲斐善光寺、12世紀)
 〇当麻曼荼羅図(北杜市、13世紀)

1491220358433.jpg


笛吹市
 立川不動堂
 〇不動明王像(像高255センチ、桧の一木、11世紀頃と推定)

2月19日
東京都
 東京国立博物館 春日大社展

2月26日
埼玉県
 熊谷市 宝乗寺愛染明王堂
 ご縁日のご開帳と牧野隆夫先生ご講演

 熊谷市 妻沼の歓喜院聖天堂

3月5日
静岡県
 霊山寺(大内観音)春のお祭り。二十八部衆を間近で拝観。
 坂の上薬師堂 平安仏十数駆をガラス越しながら間近で拝観。
 建穂寺 廃寺になり、残された貴重な仏像群をどうやって守っていくのか。管理人の方とたくさんお話しました。
 宝台院 白本尊(安阿弥様)(かわいい!)

1491220355416.jpg

3月13日
東京都 九品仏浄真寺 前回の練供養の記録映像が上映中(時間不足だったので、また来る!)

3月18日
神奈川県
 横浜市 西方寺
  十一面観音(修復完成記念の御開帳)(修復は明古堂)
  本堂の半丈六・定朝様の阿弥陀如来(桜が咲いてて花見もできちゃた)

1491220356604.jpg


3月19日
長野県
 小諸市 十念寺の二十五菩薩来迎会(小諸市民会館「郷土伝統芸能のつどい」にて、短縮版を拝見)

3月20日
長野県
 長野市 善光寺(夜明け頃に到着、お数珠頂戴、お朝事、資料館で安阿弥様の阿弥陀如来像、平安の阿弥陀坐像三尊、薬師坐像、山門に登る)
 善光寺大本願(市指定の伐折羅大将と聖徳太子像(婆藪仙人?)、勝軍地蔵、重文の阿弥陀来迎図)

1491220357617.jpg

3月25日
東京都 九品仏浄真寺 前回の練供養の記録映像(60分)と仏像修理の映像(12分)をフル視聴!

3月26日
東京都
 根津美術館
  〇興福寺東金堂梵天帝釈天の再会
  〇高麗仏画展
 Bunkamuraミュージアム 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

山梨県笛吹市・立川不動尊

山梨県笛吹市・立川不動尊。
中央本線の石和温泉駅と春日居駅の真ん中あたり、桃(たぶん)の畑のなかに、開けっ放しの小さなお堂。中に入るとまあびっくり。丈六の大きなお不動さまがいらっしゃいました。思わず「ごめんなさい」と謝ってしまうほど恐ろしいお姿。それでいて、太い腕やお体を見ていると、心がほくほくしてきます。地方の木像はあたたかいですね。
毎年2月28日にお祭りがあるそうです。地元の人々に愛され、勇気づけるお不動さんに出会えて幸せでした。やはり日本は素敵です。

立川不動尊
平成4年、春日居町文化財に指定。
平成14年、山梨県指定有形文化財に指定。
檜材、一木造り。像高255センチ。髪際高231センチ。


1487385774757.jpg


1487385775414.jpg


1487385775140.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

日向薬師の鉈彫り薬師三尊が好き!

私の中で一番の鉈彫り仏と言えば、神奈川県伊勢原市・日向薬師のご本尊さまです。
この薬師三尊さまは、像として彫り出される以前から、木の中ですでにこのお姿でおられたのでしょう。お会いするたびにその思いが強くなります。
脇侍の菩薩さまはほぼ全身が鉈彫り。薬師さまはお顔や胸がつるつるに仕上げてあります。私には、まず木の中から薬師さまが現れ、続いて菩薩さまが出現するさまに見えます!

1484611796836.jpg

ご本尊さまのご開帳日は正月三が日、1月8日、4月15日の年5回。 1月8日は初薬師として七草の入った薬師粥がふるまわれます。

1484611797597.jpg

収蔵庫には平安末から鎌倉初期の仏像群がおられます。もう「ここは奈良?」状態です。等身大の四天王と十二神将、丈六薬師三尊に丈六阿弥陀如来坐像。すべて国の重要文化財。獅子頭も昨年、国の重文に指定されました。よだれを拭っても拭いきれません。
破損した観音立像がおられなかったのですが、修理に入られたのでしょうか?

1484611798150.jpg

1484611798812.jpg

また、大規模な修復が終わったばかりの本堂には、平安の十二神将が気持ちよさそうにおまつりされてました。修理中は収蔵庫で間近で拝めたのですが、やはり本堂におられるほうが皆さまお幸せに見えます。

1484611799444.jpg

何度でもお参りしたいお寺さまです。

1484611800071.jpg

1484611800721.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

仏像拝観リスト2016年10~12月

10月15日
福井県
○福井市・福井の仏像展~白山を仰ぐ人々と仏たち~(福井市立歴史博物館)

1483545311129.jpg

1483545311425.jpg

1483545311874.jpg

○越前市・開創650年記念 正覚展(越前市立武生公会堂記念館)
越前市の浄土宗寺院の文化財を集めた展覧会。阿弥陀如来立像、法然上人絵伝。ていねいな解説が印象的。

1483545311640.jpg

滋賀県
○大津市 つながる美・引き継ぐ心~琵琶湖文化館の足跡と新たな美術館~展(滋賀県立近代美術館)
これでもかというほどの美仏のオンパレード。特に阿弥陀坐像の鉈彫りにハートを射抜かれた。

1483545312179.jpg


10月16日
滋賀県
○大津の浄土宗寺院 新知恩院と乗念寺展(大津市歴史博物館)
新知恩院の快慶涅槃像、法然上人立像、乗念寺の聖観音立像
前日の越前市の展示に続き、浄土宗寺院の文化財を集めたもの。またしても法然上人絵伝。乗念寺の観音像は異なる時代の特徴が一つの像に現れていて萌えた。ていねいな解説に感謝。

1483545312403.jpg


京都
○即成院お練り供養会式

10月20日
秘密

10月22日
○臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」 (東京国立博物館)
☆宝冠釈迦如来三尊 院吉・院広・院遵作 1352年 静岡・方広寺蔵
院派の宋風のきらびやかさと、衣のしつこいうねうねを堪能。
☆羅怙羅尊者 范道生作 1664年 京都万福寺
☆神奈川来迎寺の跋陀婆羅尊者
☆京都鹿王院の十大弟子
十大弟子は円形展示。ぐるぐる何周もしてしまい、まんまと学芸員さんの目論見にはまった感じです!
○櫟野寺展 2回目 すごすぎて消化不良。

11月1日
○八王子市・龍見寺 大日如来坐像(藤原)

11月3日
○秦野市・太岳院 十一面観音立像(平安)

1483545312631.jpg


11月5日
尾道市
○千光寺 襖絵観喜天 伝統をうまく現代風にアレンジ。心がほっこり
○浄土寺
 本堂 秘仏十一面観音
 阿弥陀堂 阿弥陀三尊
 収蔵庫 大日如来 聖徳太子
不動など
○海龍寺 千手観音(県文)

愛媛県
○西条市・西山興隆寺 千手観音立像(県文)
 収蔵庫 銅造如来立像
○今治市・仙遊寺 千手観音(無指定とは思えない素晴らしさ)お遍路さん

1483545312847.jpg

○松山市・西法寺 釈迦如来(県文)

1483545313050.jpg


11月6日
○松山市・大宝寺/阿弥陀如来・釈迦如来(西村公朝さんの拓本)

1483545313319.jpg

○松山市・太山寺 十一面観音(本堂むかって右側の厨子に3 駆の十一面立像)
○松山市・光徳院 聖観音立像(10世紀)(阿弥陀立像は修理中)
○松山市・庄薬師堂 菩薩系立像

1483545313545.jpg

○広島県尾道市(生口島)・光明坊 阿弥陀如来坐像
○広島県尾道市(生口島) 耕三寺 快慶阿弥陀如来坐像

11月26日
○宮城県南三陸町 大雄寺(阿弥陀三尊)(曹洞宗のお寺になぜか不動堂)

11月27日
宮城県仙台市
○泉区某所 笈分如来(快慶伝説の残る県指定で個人蔵の阿弥陀如来立像)

1483545313808.jpg

○成覚寺
木造聖観音
江戸時代に仙台城下大町の商人・高屋弥七が伊豆河津町の南禅寺から移して、成覚寺に奉納したと伝えられる。

1483545314038.jpg

○阿弥陀寺
県指定 阿弥陀如来立像
市指定 木造聖観音菩薩立像
市指定 木造観世音・勢至菩薩坐像
○報恩寺
木造阿弥陀如来・二十五菩薩像及び地蔵菩薩立像

12月1日
○九品仏浄真寺 下品堂も開くようになっている。紅葉。

12月10日
○櫟野寺展3回目

12月18日&31日
○高幡不動尊 丈六不動三尊
一年の締めはやはり多摩代表のこのお三方にごあいさつ!

以上


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

石山寺ご開帳で塑像欠け仏も

石山寺ご本尊のご開帳。ご本尊の如意輪観音さまを間近で拝観。巨像なのにかわいらしい。時を忘れて見とれました。

私が息を飲んだのは、奈良時代にさかのぼるというご本尊の旧像(塑像)の断片。火災で大きく破損し、断片と胎内仏が残ったそうです。今回のご開帳に合わせた特別展示のようです。

本堂内に蔵王権現(塑像)の心木もあのポーズで立っておられ、胸がキュンキュンしました!

快慶の大日如来像にも再会。凛々しすぎて、一瞬で恋に落ちます。


1470175800404.jpg

1470175800912.jpg

1470175801297.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会)

岡山県瀬戸内市牛窓の弘法寺(こうぼうじ)で、毎年5月5日、 阿弥陀如来来迎の練供養が行われています。(弘法寺では、踟供養と表記されているので、ここでもその表記を使います)

昨年、こちらに参拝し、本当に感動しました。

こちらのポイントは次のとおり。
○木造の阿弥陀如来像の中に、地元出身の男性が入り、お迎えしてくださる。いわゆる迎講阿弥陀如来で、現存するのはおそらくここだけ。
○中将姫様をお迎えするときの菩薩さまの動きがとても繊細でエレガント。「動の當麻寺」に対し、「静の弘法寺」と呼ばれるのは、このためか?
○火災で一時断絶されていた踟供養を関信子先生の研究と尽力、地元の方々の熱い意志で再興された!
○登場される菩薩さまは6尊の観音さまと2尊の地蔵さま。いわゆる二十五菩薩のラインナップではない。
○塔頭の遍明院と東寿院が毎年交代で主な責任を負う関係で、出発寺院が毎年交代される。今年は下の東寿院から坂の上の遍明院へとのぼるコース。

関先生が書かれた論文より、現在の踟供養の式次第について書かれたページを貼っておきます。

今年、踟供養に行かれる方、お気をつけて!

なにより、毎年、この素晴らしい伝統をお守りされている地元のみな様に尊敬と感謝を申し上げます!

追記 遍明院には平安時代の穏やかな五智如来、東寿院には快慶阿弥陀如来像もおられます。ぜひ拝観を!


1462319279313.jpg

1462319280035.jpg

1462319280631.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

2015年上半期の仏像拝観を振り返る

特に印象に残った仏像さまを勝手な分類でリストアップ。
他にも素晴らしすぎる多くの仏像さまとの出会いがあり、深く考えれば考えるほど収拾つかなくなりそうなので、以下のとおり「よっしゃっ」とアップします。

総合部門
福島県  勝常寺 薬師如来
滋賀県守山市 東門院 十一面観音

11058790_1655837517983464_374036349


10155158_1655837441316805_849534928


阿弥陀部門
立像  岡山県瀬戸内市 弘法寺練供養の迎講阿弥陀如来立像
坐像  滋賀県佛性寺 阿弥陀如来坐像
三尊  東京都日野市安養寺 阿弥陀三尊
来迎  和歌山県道成寺の五劫思惟阿弥陀如来坐像と雲に乗った二十五菩薩
練供養  弘法寺(動の當麻寺に対し、静の弘法寺

11707409_1655837401316809_228742274

11253231_1655837481316801_313608203


10986823_1655837507983465_511576017

異色部門
兵庫県加古川市教信寺 練供養の教信上人頭部像
新潟県南魚沼市 西福寺開山堂(石川雲蝶)

P1100338

11659417_1655837367983479_620363198

仏像群部門
大阪府 孝恩寺

母の愛部門
和歌山県慈尊院 弥勒菩薩坐像

都内部門
某寺の平安仏

悲しみ部門
奈良県の某寺で拝見した油のしみ

喜び部門
仏像拝観を通じ、お寺の方々や仏友さんと交流できたこと

♪阿弥陀来迎会(練供養)のため5か寺を訪れたこともどこかでまとめなきゃ。

| | コメント (0)

2015年4月12日 (日)

2015年1月仏像拝観(影向寺→多摩仏研→鷽替え→勝常寺薬師^^)

11日 川崎市宮前区野川 影向寺

  薬師三尊(重文)、十二神将、二天、聖徳太子孝養像

B6p7bpecyaahj_v


118
 多摩仏めぐりの会第1回フィールドワーク(詳しくはこちら)

 八王子郷土資料館(真覚寺の白鳳仏、薬師如来椅像)

 ↓

 日吉八王子神社(八王子城の落城を逃げのびたと伝わる地蔵菩薩立像)

 ↓

 龍見寺(大日如来坐像)

 ↓

 日野市 安養寺(阿弥陀三尊、毘沙門天、大日如来立像!)

 ↓

 稲城市 常楽寺(阿弥陀三尊、閻魔、奪衣婆など)

 

131

 千葉神社(北辰妙見尊星=妙見様。お像がなかったのが残念!)

 千葉天神(うそ替え、木彫りの鷽さんを授受。
初年度は一番小さい1000円の鷽さんを授けていただき、翌年から順次大きめの鷽さんに取り替えるのだとか。ですので、ヒヨドリ家に一番小さい鷽さんをました! 他の天神さんと比べると若干高めかな)

B8pqs33ccamppxc

B8penr3ceaatxnf



 東京国立博物館

  特別展「みちのくの仏像」(勝常寺の薬師さんに泣いた!)

  特別展「3.11大津波と文化財の再生」

 

 東京都国立市 谷保天満宮


続きを読む "2015年1月仏像拝観(影向寺→多摩仏研→鷽替え→勝常寺薬師^^)"

| | コメント (0)