カテゴリー「関東の仏像」の37件の記事

2017年10月 1日 (日)

武蔵国高麗郡、聖天院

2017年9月24日。埼玉県日高市の聖天院をお参りしてきました。

西武線高麗駅→巾着田(曼珠沙華が満開)→高麗郷民俗資料館→聖天院→高麗神社→JR高麗川駅。楽しいお散歩でした。

<きっかけ>

数年前、飯能の冬至の軍茶利明王のご開帳に行ったとき、西武線高麗駅を通過した。このとき、高麗という駅名と駅前の巨大なチャンスンに興味をそそられた。調べてみるとやはり、渡来人が住んでいた地域だった。「コウライ」ではなく、「コマ」と読む。そして、巾着田という特殊な地形に曼珠沙華が咲き誇ると知った。念願かなって、やっと今年、曼珠沙華の時期に出かけることができた。
1506819681506.jpg

1506820034013.jpg
※高麗駅前のチャンスン(魔除けの境界標)


<歴史>

高麗(こま)の歴史は古い。
古代朝鮮の頃、660年に百済が、668年に高句麗が滅びると、多くの人が日本に逃れてきた。続日本記に、716年、武蔵国に高麗郡を設置し、渡来人1799人を移住させたと記録があるそうだ。高麗郡は1896年(明治29年)まで続き、その中心地が埼玉県日高市にあったと考えられる。

高麗郡の初代郡司を務めたのが高麗王若光という人物。この若光をまつったのが高麗神社で、若光の菩提を弔うため751年に創建されたのが聖天院なのだそうだ。高麗神社と聖天院は日高市新堀に今も存在する。

<聖天院>

聖天院は不思議なお寺だった。

巾着田から歩いて最初にこの山門を見たとき、古刹であることを実感した。はじけたグルービーな風神雷神様が門をお護りされている。

1506819678122.jpg

しかし、よく見ると、堂々とした山門の前にチャンスンがそびえている。山門の東側には、弘法大師像が立つが、そのすぐ隣に高麗王廟がある。廟の前には、韓国で見かけるのとそっくりに祈りの小石が積んである。

1506819678619.jpg

1506819678881.jpg

1506819679214.jpg

1506819679591.jpg

さらに、山腹に登ると、本堂の奥に、在日韓民族無縁仏の慰霊塔がある。ソウルの奉恩寺を思い出す景観だった。3.1運動発祥の地ソウルのパゴダ公園のを模した八角亭も建てられていた。在日の方々が建てられたようだ。

1506819679960.jpg

古刹であるが、今も韓国と結びつきのあるお寺のようだ。

<聖天院の仏像>

聖天院はもともと若光の念持仏だった聖天様を本尊としていたが、その後、真言宗に改宗し、今は不動三尊が本堂中央にまつられている。埼玉県日高市の指定文化財だ。

1506819680236.jpg

阿弥陀堂には、阿弥陀三尊と聖観音立像。中尊の阿弥陀如来坐像は江戸期に終了後を受けたものの、元々は鎌倉時代のもので、やはり市の文化財。

1506819680472.jpg

山門には、はじけた感じの風神、雷神がおられて、楽しく度肝を抜かれる。御足の爪に心を奪われた。

1506819680817.jpg

1506819681116.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

2017年1月~3月仏像拝観リスト

1月1日
 除夜の鐘 高幡不動尊(重文の不動三尊にカップ酒のお供えがありました)

1月2日
神奈川県
 川崎市 影向寺(平安後期の薬師三尊、二天像、十二神将)

1月7日
東京都
 〇根津美術館 興福寺・梵天帝釈天の再会
 〇上野・長浜観音ハウス 馬頭観音像
 〇東京国立博物館 櫟野寺展の4回目

1491220354066.jpg


1月8日(初薬師と大山の鉄造不動尊御開帳日)
神奈川県伊勢原市
 日向薬師 初薬師で秘仏の鉈彫り薬師三尊ご開帳。薬師がゆのご接待あり。
 雨降山大山寺 鉄造不動明王像のご開帳(毎月8, 18, 28の日)、本堂左手に平安末期の五大明王あり。

1月15日(初閻魔と増上寺黒本尊のご開帳日)
東京都
 新宿区 太宗寺(閻魔と奪衣婆、三日月不動明王立像など)(奪衣婆は区の民俗文化財)
 文京区 源覚寺(鎌倉時代の閻魔大王像、区の有形文化財)
 港区 増上寺(黒本尊=阿弥陀如来立像のご開帳、毎年1月15日、5月15日および9月15日のみ)

1月28日(初不動)
群馬県
 渋川市 宮田不動尊ご開帳日(国の重要文化財)
 千代田村 光恩寺(県指定文化財、阿弥陀三尊)

2月5日
山梨県
 山梨県立博物館 「浄土への憧憬」展 
 〇阿弥陀如来坐像(隆円寺、南アルプス市指定文化財、41.2センチ、13世紀)
 〇観音菩薩立像(安楽寺、笛吹市指定文化財、146.8センチ、10~11世紀)
 〇飛天2つ(甲斐善光寺、12世紀)
 〇当麻曼荼羅図(北杜市、13世紀)

1491220358433.jpg


笛吹市
 立川不動堂
 〇不動明王像(像高255センチ、桧の一木、11世紀頃と推定)

2月19日
東京都
 東京国立博物館 春日大社展

2月26日
埼玉県
 熊谷市 宝乗寺愛染明王堂
 ご縁日のご開帳と牧野隆夫先生ご講演

 熊谷市 妻沼の歓喜院聖天堂

3月5日
静岡県
 霊山寺(大内観音)春のお祭り。二十八部衆を間近で拝観。
 坂の上薬師堂 平安仏十数駆をガラス越しながら間近で拝観。
 建穂寺 廃寺になり、残された貴重な仏像群をどうやって守っていくのか。管理人の方とたくさんお話しました。
 宝台院 白本尊(安阿弥様)(かわいい!)

1491220355416.jpg

3月13日
東京都 九品仏浄真寺 前回の練供養の記録映像が上映中(時間不足だったので、また来る!)

3月18日
神奈川県
 横浜市 西方寺
  十一面観音(修復完成記念の御開帳)(修復は明古堂)
  本堂の半丈六・定朝様の阿弥陀如来(桜が咲いてて花見もできちゃた)

1491220356604.jpg


3月19日
長野県
 小諸市 十念寺の二十五菩薩来迎会(小諸市民会館「郷土伝統芸能のつどい」にて、短縮版を拝見)

3月20日
長野県
 長野市 善光寺(夜明け頃に到着、お数珠頂戴、お朝事、資料館で安阿弥様の阿弥陀如来像、平安の阿弥陀坐像三尊、薬師坐像、山門に登る)
 善光寺大本願(市指定の伐折羅大将と聖徳太子像(婆藪仙人?)、勝軍地蔵、重文の阿弥陀来迎図)

1491220357617.jpg

3月25日
東京都 九品仏浄真寺 前回の練供養の記録映像(60分)と仏像修理の映像(12分)をフル視聴!

3月26日
東京都
 根津美術館
  〇興福寺東金堂梵天帝釈天の再会
  〇高麗仏画展
 Bunkamuraミュージアム 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

静岡市清水・霊山寺大内観音で二十八部衆を拝観

静岡市清水区の古刹、霊山寺(大内観音)さま。毎年3月第一日曜日にお祭りがあると聞き、お参りしてきました。

1490379599752.jpg


1490379601319.jpg


秘仏の千手観音さまの扉は、残念ながら開きませんでしたが、許可をいただき、個性豊かな二十八部衆を間近で拝むことができました。

霊山寺は駿河湾を見下ろす大内山の中腹にあります。かつてはお寺の灯りが船の道しるべになったそうです。昔も今も、急な山道を歩かなければお堂にたどり着けません。

普段は無住で、わずか30軒のお檀家さまが守っておられるそうです。大変なご苦労だと思います。よそ者の私に「えー、東京から来たのー。甘酒飲んでいってねー」と優しく明るく声をかけてくださいました。

人と山と古い仏像に癒やされ、元気をいただきました。


1490379596647.jpg

1490379598467.jpg


1490379602842.jpg

1490379605969.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

熊谷市の愛染堂と愛染明王さま

埼玉県熊谷市で、修理が終わった愛染堂の縁日にお参りしてきました。温かなコミュニティに支えられた、とても素敵な空間でした。

1488470312616.jpg


<愛染明王坐像>
愛染堂のご本尊、愛染明王さまは像高150センチ、台座を含めると240センチ。かなり大きさがありながら、三目六臂の異形がうまくまとまっており、仏師の力量が伺えます。
赤い六本の腕は、さわると温かくて弾力を感じるのではないか…と、思えるほど。基本的に恐ろしいお姿なのに、温かさを感じました。
また、あの細い線で描かれた髪の毛を見ると、仏師は慶派好きなのかな…と思ったりします。
江戸初期の作と推定されていますが、調査したらもっと遡る可能性もあると伺いました。

1488470313097.jpg


<仏像の保存とは>
お堂の隣に、畳敷きの小さな自治会館があり、仏像修理の牧野隆夫先生の講演会が開かれました。仏像を"文化財" として保存することはもちろん大切です。しかし、保存が唯一の目的になってしまって、衆生から切り離すようなやり方は本末転倒なのでは…と考えさせる内容でした。

地方の古仏を訪ね歩いていると、今後の保存が心配になることがあります。少子高齢化や地方の衰退など、個人の力ではどうにもできない問題を感じます。コミュニティが力を合わせ、地元の大学生や小学生まで巻き込んで愛染堂を復活させたこちらの事例は、他の地域の参考になるのではないでしょうか。修理を終えたお堂に愛染明王像を遷座する際、地元の人々がお練りで引っぱって移動したという話にはほろりとしました。


1488470313441.jpg

<利根川>
熊谷といえば、利根川の向こう側(群馬)の光恩寺さま(鎌倉時代の阿弥陀三尊)をお参りするために先月立ち寄ったばかりです。利根川のこちら側(つまり熊谷市)には、妻沼の国宝聖天堂もあり、昨日、初めてお参りできました。熊谷というか、利根川を挟んだ両地域の歴史的文化の高さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

光恩寺阿弥陀さまへは赤岩の渡し船で! 川を渡ると極楽浄土です!

光恩寺さままでの行き方があまりに素晴らしすぎたので、ご紹介します。

「わたし」ってご存じですか?  川の両岸をつなぐ「渡し船」のことです。つまり、橋がなかなか架けられなかった昔の交通手段です。

光恩寺さまのすぐそばを流れる利根川でも、古くから渡しは行われており、上杉謙信の文献に記述があるそうです。江戸時代の水運の発達とともに渡し船は栄えましたが、近代に入り橋が普及すると衰退しました。

1485692987032.jpg

ですが、光恩寺さまから徒歩数分のところに、「赤岩の渡し」が残っているのです。しかも、乗船場所まで、熊谷駅からバスが一時間に一本程度出ています。今回、光恩寺さまのお参りを計画するまで、現役の渡しがあるとは知りませんでした。Googleマップには乗船場所の記載があるものの、ルート検索には出てきません(2017年1月現在)。

1485692986764.jpg

赤岩の渡しは”県道”の一部として、群馬県千代田町が管理運営を行っています。県道という扱いのため、無料で通行できます。

旅人にとっては楽しすぎる乗り物なのですが、生活する人には少し面倒なのでしょう。利用者は少ないようです。少し遠回りすれば近くに橋があり、車で簡単に往来ができます。

私が行ったときも、利用者は私一人のみ。船の運転手とサポートの男性も手持ち無沙汰な感じでした。もっと観光資源に活用できるとよいのかなと思います!

私が乗船したとき、青空のもと、冬の澄んだ空気が川面に反射し、このうえなく気持ち良かったです。

さらに、古寺巡礼者の私には、此岸と彼岸を結ぶ「渡し」に感じられました! 光恩寺さまへの巡礼手段として、こんなに素晴らしいものはないのではないでしょうか!?

【移動方法のまとめ】

1)  熊谷駅前から葛和田行きのバスに乗り、終点の葛和田で下車。30分程で到着します。

2) バス停の横に小屋があり、その前にこんな黄色い旗があります。
   
1485692984862.jpg



3) この黄色い旗を校旗掲揚みたいな感じでスルスルと上げます。


1485692985180.jpg



4) すると、群馬県側に待機している渡し船がこちら側に迎えに来てくれます。(群馬県の運営なので、船は基本的に群馬県側で待機しています)
これから拝観する阿弥陀さまが彼岸からお迎えに来てくださるようにしか思えませんw

1485692985434.jpg



5) 乗船して川を渡ります。利根川は深くて広い!

1485692985793.jpg



6) 乗船時間はわずか数分。左岸に到着すると、光恩寺さままで徒歩ですぐです。



光恩寺の阿弥陀さま!

Photo




お参りを終えて、再び船に乗り込むと、船は西日に向かって滑り出しました。阿弥陀三尊を拝観した直後にこんな経験をしたら、もう、西方浄土に向かうようにしか思えなくなります! (行きも帰りも向かう先は阿弥陀さまの極楽浄土ということになりますね…!)

1485692986142.jpg


いろいろな意味で楽しい船の旅。阿弥陀さま拝観にはぜひとも赤岩の渡しで!!!



※赤岩の渡しについては→千代田町サイト(赤岩渡船)

| | コメント (0)

群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~

群馬県千代田町・光恩寺さまで、県指定文化財の阿弥陀三尊をお参りしてきました。

もう、一瞬で恋に落ちました! だって、定朝様なのに玉眼なんですもの。藤原の気品と鎌倉の躍動感が混ざり合った仏像に私は強く惹かれます。

Photo

阿弥陀さまは像高142センチ。鎌倉時代の半丈六ですが、立派な台座(台座は江戸時代)と光背をもち、大きなお堂の中央に座すさまには、かなりの重厚感があります。 私が特に惹かれたのは、半眼で、なおかつ、定朝様の穏やかさを示しながらも、玉眼という点です。定朝様の半眼というと、視線が合わず、ぼーっとした感じになることが多いかと思います。それはそれで好きなのですが、こちらの玉眼の阿弥陀さまは瞳に意志が感じられ、私たち衆生の悲しみや苦しみをしっかりと見てくださるように感じました。

1485662275017.jpg

「北開東における定朝様式の流れをくむ鎌倉時代彫刻の代表作である」と群馬県の文化財サイトにありました。北関東の定朝様式の仏像って、他にどんなお像がおられるのでしょう? 上品上生の印も美しかったです。

観音、勢至の両脇侍はともに総高159センチ。同サイトによると、寄木造りで、宋朝風の造りだそうです。玉眼を光らせ、ひらひらと衣紋が揺れるさまからは、藤原らしさは感じられません。また、観音さまと勢至さまで多少表現が異なるので、制作時期が多少ずれるのか、制作者が異なるのかもしれません。どちらも間近でその美しさを感じることができます。

そんな三尊さまは、正面から拝しても、左右両サイドから拝しても、とても美しくて、美しくて…。自分が立ち上がって拝しても、座って下から見上げても、どちらも美しくて、美しくて…!

もうどう形容していいのか、どう説明してよいのか、わかりません。恋心とは、言葉で説明できないものなのです。

またお参りに行きたいです!

群馬県のサイトはこちら→群馬県文化財サイト(光恩寺阿弥陀三尊)

1485694529674.jpg
阿弥陀堂。コンクリート製の収蔵庫ながら、屋根がそって立派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~

群馬県千代田町・光恩寺さまで、県指定文化財の阿弥陀三尊をお参りしてきました。

もう、一瞬で恋に落ちました! だって、定朝様なのに玉眼なんですもの。藤原の気品と鎌倉の躍動感が混ざり合った仏像に私は強く惹かれます。

Photo

阿弥陀さまは像高142センチ。鎌倉時代の半丈六ですが、立派な台座(台座は江戸時代)と光背をもち、大きなお堂の中央に座すさまには、かなりの重厚感があります。 私が特に惹かれたのは、半眼で、なおかつ、定朝様の穏やかさを示しながらも、玉眼という点です。定朝様の半眼というと、視線が合わず、ぼーっとした感じになることが多いかと思います。それはそれで好きなのですが、こちらの玉眼の阿弥陀さまは瞳に意志が感じられ、私たち衆生の悲しみや苦しみをしっかりと見てくださるように感じました。

1485662275017.jpg

「北開東における定朝様式の流れをくむ鎌倉時代彫刻の代表作である」と群馬県の文化財サイトにありました。北関東の定朝様式の仏像って、他にどんなお像がおられるのでしょう? 上品上生の印も美しかったです。

観音、勢至の両脇侍はともに総高159センチ。同サイトによると、寄木造りで、宋朝風の造りだそうです。玉眼を光らせ、ひらひらと衣紋が揺れるさまからは、藤原らしさは感じられません。また、観音さまと勢至さまで多少表現が異なるので、制作時期が多少ずれるのか、制作者が異なるのかもしれません。どちらも間近でその美しさを感じることができます。

そんな三尊さまは、正面から拝しても、左右両サイドから拝しても、とても美しくて、美しくて…。自分が立ち上がって拝しても、座って下から見上げても、どちらも美しくて、美しくて…!

もうどう形容していいのか、どう説明してよいのか、わかりません。恋心とは、言葉で説明できないものなのです。

またお参りに行きたいです!

群馬県のサイトはこちら→群馬県文化財サイト(光恩寺阿弥陀三尊)

1485694529674.jpg
阿弥陀堂。コンクリート製の収蔵庫ながら、屋根がそって立派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~

群馬県千代田町・光恩寺さまで、県指定文化財の阿弥陀三尊をお参りしてきました。

もう、一瞬で恋に落ちました! だって、定朝様なのに玉眼なんですもの。藤原の気品と鎌倉の躍動感が混ざり合った仏像に私は強く惹かれます。

Photo

阿弥陀さまは像高142センチ。鎌倉時代の半丈六ですが、立派な台座(台座は江戸時代)と光背をもち、大きなお堂の中央に座すさまには、かなりの重厚感があります。 私が特に惹かれたのは、半眼で、なおかつ、定朝様の穏やかさを示しながらも、玉眼という点です。定朝様の半眼というと、視線が合わず、ぼーっとした感じになることが多いかと思います。それはそれで好きなのですが、こちらの玉眼の阿弥陀さまは瞳に意志が感じられ、私たち衆生の悲しみや苦しみをしっかりと見てくださるように感じました。

1485662275017.jpg

「北開東における定朝様式の流れをくむ鎌倉時代彫刻の代表作である」と群馬県の文化財サイトにありました。北関東の定朝様式の仏像って、他にどんなお像がおられるのでしょう? 上品上生の印も美しかったです。

観音、勢至の両脇侍はともに総高159センチ。同サイトによると、寄木造りで、宋朝風の造りだそうです。玉眼を光らせ、ひらひらと衣紋が揺れるさまからは、藤原らしさは感じられません。また、観音さまと勢至さまで多少表現が異なるので、制作時期が多少ずれるのか、制作者が異なるのかもしれません。どちらも間近でその美しさを感じることができます。

そんな三尊さまは、正面から拝しても、左右両サイドから拝しても、とても美しくて、美しくて…。自分が立ち上がって拝しても、座って下から見上げても、どちらも美しくて、美しくて…!

もうどう形容していいのか、どう説明してよいのか、わかりません。恋心とは、言葉で説明できないものなのです。

またお参りに行きたいです!

群馬県のサイトはこちら→群馬県文化財サイト(光恩寺阿弥陀三尊)

1485694529674.jpg
阿弥陀堂。コンクリート製の収蔵庫ながら、屋根がそって立派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~

群馬県千代田町・光恩寺さまで、県指定文化財の阿弥陀三尊をお参りしてきました。

もう、一瞬で恋に落ちました! だって、定朝様なのに玉眼なんですもの。藤原の気品と鎌倉の躍動感が混ざり合った仏像に私は強く惹かれます。

Photo

阿弥陀さまは像高142センチ。鎌倉時代の半丈六ですが、立派な台座(台座は江戸時代)と光背をもち、大きなお堂の中央に座すさまには、かなりの重厚感があります。 私が特に惹かれたのは、半眼で、なおかつ、定朝様の穏やかさを示しながらも、玉眼という点です。定朝様の半眼というと、視線が合わず、ぼーっとした感じになることが多いかと思います。それはそれで好きなのですが、こちらの玉眼の阿弥陀さまは瞳に意志が感じられ、私たち衆生の悲しみや苦しみをしっかりと見てくださるように感じました。

1485662275017.jpg

「北開東における定朝様式の流れをくむ鎌倉時代彫刻の代表作である」と群馬県の文化財サイトにありました。北関東の定朝様式の仏像って、他にどんなお像がおられるのでしょう? 上品上生の印も美しかったです。

観音、勢至の両脇侍はともに総高159センチ。同サイトによると、寄木造りで、宋朝風の造りだそうです。玉眼を光らせ、ひらひらと衣紋が揺れるさまからは、藤原らしさは感じられません。また、観音さまと勢至さまで多少表現が異なるので、制作時期が多少ずれるのか、制作者が異なるのかもしれません。どちらも間近でその美しさを感じることができます。

そんな三尊さまは、正面から拝しても、左右両サイドから拝しても、とても美しくて、美しくて…。自分が立ち上がって拝しても、座って下から見上げても、どちらも美しくて、美しくて…!

もうどう形容していいのか、どう説明してよいのか、わかりません。恋心とは、言葉で説明できないものなのです。

またお参りに行きたいです!

群馬県のサイトはこちら→群馬県文化財サイト(光恩寺阿弥陀三尊)

1485694529674.jpg
阿弥陀堂。コンクリート製の収蔵庫ながら、屋根がそって立派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~

群馬県千代田町・光恩寺さまで、県指定文化財の阿弥陀三尊をお参りしてきました。

もう、一瞬で恋に落ちました! だって、定朝様なのに玉眼なんですもの。藤原の気品と鎌倉の躍動感が混ざり合った仏像に私は強く惹かれます。

Photo

阿弥陀さまは像高142センチ。鎌倉時代の半丈六ですが、立派な台座(台座は江戸時代)と光背をもち、大きなお堂の中央に座すさまには、かなりの重厚感があります。 私が特に惹かれたのは、半眼で、なおかつ、定朝様の穏やかさを示しながらも、玉眼という点です。定朝様の半眼というと、視線が合わず、ぼーっとした感じになることが多いかと思います。それはそれで好きなのですが、こちらの玉眼の阿弥陀さまは瞳に意志が感じられ、私たち衆生の悲しみや苦しみをしっかりと見てくださるように感じました。

1485662275017.jpg

「北開東における定朝様式の流れをくむ鎌倉時代彫刻の代表作である」と群馬県の文化財サイトにありました。北関東の定朝様式の仏像って、他にどんなお像がおられるのでしょう? 上品上生の印も美しかったです。

観音、勢至の両脇侍はともに総高159センチ。同サイトによると、寄木造りで、宋朝風の造りだそうです。玉眼を光らせ、ひらひらと衣紋が揺れるさまからは、藤原らしさは感じられません。また、観音さまと勢至さまで多少表現が異なるので、制作時期が多少ずれるのか、制作者が異なるのかもしれません。どちらも間近でその美しさを感じることができます。

そんな三尊さまは、正面から拝しても、左右両サイドから拝しても、とても美しくて、美しくて…。自分が立ち上がって拝しても、座って下から見上げても、どちらも美しくて、美しくて…!

もうどう形容していいのか、どう説明してよいのか、わかりません。恋心とは、言葉で説明できないものなのです。

またお参りに行きたいです!

群馬県のサイトはこちら→群馬県文化財サイト(光恩寺阿弥陀三尊)

1485694529674.jpg
阿弥陀堂。コンクリート製の収蔵庫ながら、屋根がそって立派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧