« 群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~ | トップページ | 山梨県笛吹市・立川不動尊 »

2017年1月29日 (日)

光恩寺阿弥陀さまへは赤岩の渡し船で! 川を渡ると極楽浄土です!

光恩寺さままでの行き方があまりに素晴らしすぎたので、ご紹介します。

「わたし」ってご存じですか?  川の両岸をつなぐ「渡し船」のことです。つまり、橋がなかなか架けられなかった昔の交通手段です。

光恩寺さまのすぐそばを流れる利根川でも、古くから渡しは行われており、上杉謙信の文献に記述があるそうです。江戸時代の水運の発達とともに渡し船は栄えましたが、近代に入り橋が普及すると衰退しました。

1485692987032.jpg

ですが、光恩寺さまから徒歩数分のところに、「赤岩の渡し」が残っているのです。しかも、乗船場所まで、熊谷駅からバスが一時間に一本程度出ています。今回、光恩寺さまのお参りを計画するまで、現役の渡しがあるとは知りませんでした。Googleマップには乗船場所の記載があるものの、ルート検索には出てきません(2017年1月現在)。

1485692986764.jpg

赤岩の渡しは”県道”の一部として、群馬県千代田町が管理運営を行っています。県道という扱いのため、無料で通行できます。

旅人にとっては楽しすぎる乗り物なのですが、生活する人には少し面倒なのでしょう。利用者は少ないようです。少し遠回りすれば近くに橋があり、車で簡単に往来ができます。

私が行ったときも、利用者は私一人のみ。船の運転手とサポートの男性も手持ち無沙汰な感じでした。もっと観光資源に活用できるとよいのかなと思います!

私が乗船したとき、青空のもと、冬の澄んだ空気が川面に反射し、このうえなく気持ち良かったです。

さらに、古寺巡礼者の私には、此岸と彼岸を結ぶ「渡し」に感じられました! 光恩寺さまへの巡礼手段として、こんなに素晴らしいものはないのではないでしょうか!?

【移動方法のまとめ】

1)  熊谷駅前から葛和田行きのバスに乗り、終点の葛和田で下車。30分程で到着します。

2) バス停の横に小屋があり、その前にこんな黄色い旗があります。
   
1485692984862.jpg



3) この黄色い旗を校旗掲揚みたいな感じでスルスルと上げます。


1485692985180.jpg



4) すると、群馬県側に待機している渡し船がこちら側に迎えに来てくれます。(群馬県の運営なので、船は基本的に群馬県側で待機しています)
これから拝観する阿弥陀さまが彼岸からお迎えに来てくださるようにしか思えませんw

1485692985434.jpg



5) 乗船して川を渡ります。利根川は深くて広い!

1485692985793.jpg



6) 乗船時間はわずか数分。左岸に到着すると、光恩寺さままで徒歩ですぐです。



光恩寺の阿弥陀さま!

Photo




お参りを終えて、再び船に乗り込むと、船は西日に向かって滑り出しました。阿弥陀三尊を拝観した直後にこんな経験をしたら、もう、西方浄土に向かうようにしか思えなくなります! (行きも帰りも向かう先は阿弥陀さまの極楽浄土ということになりますね…!)

1485692986142.jpg


いろいろな意味で楽しい船の旅。阿弥陀さま拝観にはぜひとも赤岩の渡しで!!!



※赤岩の渡しについては→千代田町サイト(赤岩渡船)

|

« 群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~ | トップページ | 山梨県笛吹市・立川不動尊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬県・光恩寺阿弥陀三尊(県指定)~だって、定朝様なのに玉眼なんですもの~ | トップページ | 山梨県笛吹市・立川不動尊 »