« 京都・即成院の阿弥陀如来二十五菩薩お練り供養~繊細でかわいらしい菩薩様たち~ | トップページ | 『香薬師像の右手』感想とまとめ »

2016年12月 4日 (日)

二十五菩薩さまをお守りするには

某市の文化財に指定されている江戸時代の阿弥陀如来立像と二十五菩薩像を拝観させていただきました。

3メートル強の阿弥陀さまを中心に、二十五菩薩さまが内陣の壁面に並ぶさまは、まさに立体来迎図そのもの。極楽浄土から舞い降りる群像を前した感動は言葉になりません。

しかし、心配な話も伺いました。先日の地震で、勢至菩薩さまの御足が壊れたのだそうです。仏具屋さんと思われる業者さんが入ってきて、住職さまと相談をされていました。

これだけの群像をお檀家さまだけでお守りするのは相当なご苦労だと思います。基本的に一般の人の拝観を受け付けておらず、外部に写真の公開もしておられないと伺いました。

公開すれば文化的価値も理解されるようになり、より多くの支援が受けられるようになるようにも思うのですが…。現実はそんなに簡単なものではないのでしょうか?

これからも守り続けていくには適切な修理が必要でしょう。なんとかお助けする方法はないものでしょうか? 勝手に心配しています。


1480859006670.jpg

|

« 京都・即成院の阿弥陀如来二十五菩薩お練り供養~繊細でかわいらしい菩薩様たち~ | トップページ | 『香薬師像の右手』感想とまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十五菩薩さまをお守りするには:

« 京都・即成院の阿弥陀如来二十五菩薩お練り供養~繊細でかわいらしい菩薩様たち~ | トップページ | 『香薬師像の右手』感想とまとめ »