« 会津で観仏三昧その3 (上宇内薬師堂、恵隆寺立木観音、勝常寺) | トップページ | 2016年上半期仏像拝観リスト »

2016年5月 4日 (水)

岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会)

岡山県瀬戸内市牛窓の弘法寺(こうぼうじ)で、毎年5月5日、 阿弥陀如来来迎の練供養が行われています。(弘法寺では、踟供養と表記されているので、ここでもその表記を使います)

昨年、こちらに参拝し、本当に感動しました。

こちらのポイントは次のとおり。
○木造の阿弥陀如来像の中に、地元出身の男性が入り、お迎えしてくださる。いわゆる迎講阿弥陀如来で、現存するのはおそらくここだけ。
○中将姫様をお迎えするときの菩薩さまの動きがとても繊細でエレガント。「動の當麻寺」に対し、「静の弘法寺」と呼ばれるのは、このためか?
○火災で一時断絶されていた踟供養を関信子先生の研究と尽力、地元の方々の熱い意志で再興された!
○登場される菩薩さまは6尊の観音さまと2尊の地蔵さま。いわゆる二十五菩薩のラインナップではない。
○塔頭の遍明院と東寿院が毎年交代で主な責任を負う関係で、出発寺院が毎年交代される。今年は下の東寿院から坂の上の遍明院へとのぼるコース。

関先生が書かれた論文より、現在の踟供養の式次第について書かれたページを貼っておきます。

今年、踟供養に行かれる方、お気をつけて!

なにより、毎年、この素晴らしい伝統をお守りされている地元のみな様に尊敬と感謝を申し上げます!

追記 遍明院には平安時代の穏やかな五智如来、東寿院には快慶阿弥陀如来像もおられます。ぜひ拝観を!


1462319279313.jpg

1462319280035.jpg

1462319280631.jpg

|

« 会津で観仏三昧その3 (上宇内薬師堂、恵隆寺立木観音、勝常寺) | トップページ | 2016年上半期仏像拝観リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会) :

« 会津で観仏三昧その3 (上宇内薬師堂、恵隆寺立木観音、勝常寺) | トップページ | 2016年上半期仏像拝観リスト »