« 会津で観仏三昧その2(願成寺、太用寺、中善寺、勝福寺) | トップページ | 岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会) »

2016年4月24日 (日)

会津で観仏三昧その3 (上宇内薬師堂、恵隆寺立木観音、勝常寺)

○上宇内薬師 薬師如来 会津美里町

会津五薬師のうち現存する2つのうちの1つ、西方薬師。勝常寺の国宝薬師如来とよく似ている。お顔はこちらの方が優しく穏やか。膝や腕などが後の修理を受けているためか、その辺りの表現はかなり元気がない。
伝虚空蔵菩薩が個人的に気に入った。四天王を十二神将に変えてしまったというエピソードは大好物。邪鬼を踏むイレギュラーな十二神将がいる日本は平和である。

○恵隆寺 千手観音 会津美里町

8メートル超の千手観音立像というだけでど迫力なのに、それが立木仏だというのだから、驚愕である。この立木仏が作られてからお堂が造られたそうで、観音像へと変身した巨木の根は今も大地に伸びているのだそう。
すごいという以外に言葉が見つからない。
御足に直接触れさせていただけたこと感謝の申し上げようがない。

○勝常寺/薬師如来・日光月光 湯川村

大好きな薬師如来さまの初めてのお宅訪問。またしても恋に落ちました。これほどの像はめったにおられません! 帰宅途中の今も、薬師さまの衣紋の襞のように、私の心がゆれています! わかりにくい比喩、恋する乙女に免じてお許しください。

http://www.vill.yugawa.fukushima.jp/kyouikuiinkai/historic.html

|

« 会津で観仏三昧その2(願成寺、太用寺、中善寺、勝福寺) | トップページ | 岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津で観仏三昧その3 (上宇内薬師堂、恵隆寺立木観音、勝常寺):

« 会津で観仏三昧その2(願成寺、太用寺、中善寺、勝福寺) | トップページ | 岡山県瀬戸内市 弘法寺の踟供養(阿弥陀来迎会) »