« 2015 年5月仏像拝観記録(来迎会練供養で阿弥陀さま三昧♪) | トップページ | ブログ「ぶつぞうな日々」10周年です! »

2016年2月19日 (金)

長谷寺だだおし2016

奈良の長谷寺さまで「だだおし」を参拝しました。

自分の罪と過ちを仏前で懺悔し、身も心も清らかになって新年を迎えようとする長谷寺の修二会。8 日間の締めくくりが、この「だだおし」です。

毎年2月14日に行われており、赤・青・緑の鬼さんが巨大な松明を背負って堂外を練り歩くのが特徴です。

1455829035694.jpg


鬼さんの登場の前に、まずは、悔過法要が執り行われます。法要に続いて、大導師さまからお言葉がありました。「信仰のある人は深い懺悔ができる。他の生物を食べるなど、私たちは何かの犠牲のうえに生きている。未来へ向かうために、前向きな反省が必要である」。短くまとめると、そんなお話で、なぜか涙がこぼれてしまいました。

その後、大導師さまが参詣者の額(ひたい)と牛玉札に宝印を押してくださいます※。この宝印は長谷寺開山の徳道(とくどう)上人が、仮死状態となったときに閻魔大王から譲り受けたもの(!)だそうで、閻浮檀金宝印(えんぶだごんほういん)と言います。

宝印授受に前後して、鬼さんが登場します。

授受の前に、堂内に鬼さんが入ってきます。鬼さんは観音さまの周りを走り回り、僧侶が牛玉札を振りかざして鬼さんを追い払います。鬼さんとお坊さんの追っかけっこがあまりにコミカルで、つい吹き出してしまいます。観音さまも笑っていらっしゃるように見えました。

最後に、鬼さんと巨大松明が登場! こちらはYouTubeで、迫力ある動画がいくつか上がってますので、そちらをご覧ください(笑)。私は宝印を授けていただいているうちに、よい観覧場所を失い、添付写真を撮るので精一杯でした。ただ、間近で見た人は松明の火の粉で服に穴があいたそうですから、まぁ、これでよしとしましょうかね。


1455829037887.jpg

1455829038917.jpg


懺悔の行事の最後にコミカルな鬼さんが登場するとは、教化の手段として意味深いものを感じます。長谷寺さんがもっと大好きになりました。

※牛玉札を購入すると堂内に入場でき、宝印も授けていただけます。

|

« 2015 年5月仏像拝観記録(来迎会練供養で阿弥陀さま三昧♪) | トップページ | ブログ「ぶつぞうな日々」10周年です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺だだおし2016:

« 2015 年5月仏像拝観記録(来迎会練供養で阿弥陀さま三昧♪) | トップページ | ブログ「ぶつぞうな日々」10周年です! »