« 東京阿弥陀さまリスト作成中 | トップページ | 四万六千日お参り(2)東京浅草寺と八王子信松院 »

2014年7月 8日 (火)

四万六千日お参り (1)東京と鎌倉まとめ

Paint

 四万六千日
 私がこの言葉を知ったのは、かねてから念願だった東京 浅草寺の「ほおずき市」を初めて訪れたときのこと。
 ほおずき市が開かれるのは、仏教的には四万六千日と呼ばれる日。この日に観音様をお参りすると、4万6000日(=126年弱)分のお参りをしたのと同じ功徳が得られるのだという。  

 
浅草寺の四万六千日、ほおずき市は毎年7月9日と10日に開かれる。ほおずきの鉢植えを売る露店が参道に立ち並び、売り子の掛け声とたくさんの参拝者でとてもにぎやかだ。
 ほおずきは、だいだい色の実と緑色の葉のコントラストが美しい。まさに、初夏の訪れを感じさせる風物詩。

 ほおずきであふれるにぎやかな境内を歩くだけでも楽しいのに、この日に観音様をお参りしただけで、一生分を超える功徳が得られるのだから、なんともありがたい。鉢植えのほおずきを買えば、帰りの電車も楽しい!

 四万六千日の魅力にひかれた私は、その翌年、地元八王子のお寺、
信松院のほおずき市にも行ってみた。
 翌々年の7月10日は、都内の
駒込大観音護国寺を参拝。
 さらに、鎌倉では8月10日に四万六千日が催されていると知り、鎌倉の
安養院杉本寺にも出かけた。

 四万六千日というと、浅草寺のほおずき市が有名だが、少し調べてみると、そのやり方はお寺によって、地方によって、いろいろあるようだ。

 鎌倉では、同じ四万六千日でも、ほおずき市は開催されていなかった。各地でどのような違いがあるのか、とても興味がわくのだが、まとまった情報がなかなか見つからないのも事実。
 とりあえず、私がこの数年でお参りした四万六千日について、次の記事で書いてみたい。

|

« 東京阿弥陀さまリスト作成中 | トップページ | 四万六千日お参り(2)東京浅草寺と八王子信松院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京阿弥陀さまリスト作成中 | トップページ | 四万六千日お参り(2)東京浅草寺と八王子信松院 »