« 2013年仏像拝観をふりかえる | トップページ | 2014年2月仏像拝観リスト(中井不動堂の円空→光徳院千手観音→調布常楽院、杉並区栖岸院) »

2014年2月 3日 (月)

2014年1月仏像拝観リスト

 2014年の仏像活動は三が日のご開帳からスタートし、川崎市影向寺および多摩地域の大日堂と塩船観音寺を参拝。
 初薬師(1月8日)は伊勢原の日向薬師、初不動(1月28日)は鎌倉の明王院へ。
 仏像オフ(1月11日)に参加。都内の隠れた仏像をお参りし、仏像談義ができた。仏縁に感謝。

 うそ替えが好きで、初天神(1月25日)に念願の天神様めぐりも。

1月1日

神奈川県川崎市
○影向寺(ようごうじ)
 収蔵庫
  薬師三尊(平安後期、国重要文化財)(中尊139cm、日光月光171cm)
  十二神将(南北朝、66.4~78.5cm)
  二天像(平安後期、木造)
   太子堂
   聖徳太子孝養像(市重文)
  ※ご開帳は三が日、春分・秋分の日、11月3日(お寺サイトより)
  ※光明皇后が病の際、聖武天皇が行基を遣わして創建との言い伝えあり。

1月3日

東京都昭島市
○拝島山普明寺大日堂[初拝]
 大日(12c、157.5cm)、阿弥陀(1692年、86cm、大仏師大前兵部)、釈迦(12cm、90cm)の如来坐像が並ぶ(三尊とも都有形文化財)。
 ※三が日は下陣から拝観が可能。11月3日10時と14時からの2回は内陣拝観と聞いてますが。
○拝島大師[初拝]
  大日堂のすぐ隣。2~3日にだるま市。本堂ご本尊のお姿は見えず。

東京都青梅市
○塩船観音寺
 本堂
  ご本尊千手観音と二十八部衆(鎌倉、140cm、都有形文化財)
 阿弥陀堂
  阿弥陀三尊(聖観音が鎌倉で青梅市文化財、勢至が室町、阿弥陀が江戸)
 薬師堂
  薬師如来立像(市文化財)
 山門
  金剛力士像(都文化財)
※ ご本尊ご開帳は三が日、5月3日、8月第2日曜など。

1月8日

神奈川県伊勢原市

○日向薬師
 初薬師でご本尊ご開帳と薬師粥の接待あり(ごちそうさまでした!)。仏像の宝庫。昨年秋の大善寺ご開帳以降の薬師ファミリーをめぐる旅を締めくくる(詳細は
こちら)。

収蔵庫
 ご本尊薬師三尊(鉈彫り一木、平安中期、重文)、
 丈六薬師座像(鎌倉初期、重文)、
 日光月光菩薩立像(鎌倉中期、重文)、
 丈六阿弥陀座像(鎌倉初期、重文)、
 十二神将(南北朝か鎌倉後期か? 重文)、
 四天王(鎌倉前期、重文)
 十二神将(平安後期、県重文)
 薬師如来(お前立ち、江戸)
 千手観音
仁王門
 金剛力士像(1833年、伊勢原市重文)

○浄発願寺[初拝]
 本堂
  阿弥陀三尊(丈六)
 三重塔
  出山釈迦如来立像

1月11日

仏像オフ参加
東京都

西大井
 ○養玉院如来寺[初拝]
  如来堂 大井の大仏(おおぼとけ)=五智如来(江戸、3mあまり、木喰但唱ら、品川区文化財)
  不動堂の不動明王立像二童子

馬込
  ○長遠寺[初拝]
   秘仏十一面観音、通称、鎌作観音(大田区文化財)。
   観音様のお足もとに小さいながら迫力ある四天王。
   ご本尊は不動明王座像二童子
   ※鎌作観音さまの朽ちたお姿の中に強さと優しさが感じられる。
   ※観音様のお厨子に書かれた結縁者の名前は苗字のない方ばかり。農家の方々に長年守られてきた観音さまとご縁が得られて幸せでした。

五反田
  ○宝塔寺[初拝]
   聖観音(平安末期作とされる。飛鳥白鳳の様式を模したのか? 品川区文化財)
   ご本尊は来迎阿弥陀三尊立像(江戸?)

沼部
  ○密蔵院[初拝]
   木造青面金剛および二童子四夜叉立像(1694年、大田区文化財)
  本堂
   大日如来(1634年、区文化財)、弘法大師座像(1630年、区文化財)
   松本明慶不動三尊

碑文谷
   ○円融寺[初拝]
    黒仁王
    釈迦堂 釈迦三尊、宝生如来
    本堂 阿弥陀如来座像
  ※円融寺の仁王や釈迦堂諸仏に関する副住職の話が興味深かった。

表参道で飲み会
 仏像のおしゃべりが楽しい。仏像好きな方々、そして、東京の隠れた仏さまと結縁できてうれしい一日でした。

1月25日
初天神 
 うそ替え神事で授与される木彫りのうそが大好き。都内4天神のうそ替え神事をめぐった。
東京都
上野 五條天神社[初拝]

湯島天神

亀戸天神社[初拝]

中野の新井天神[初拝]

木彫り”うそ”をいただく際のポイント
※五條天神社は9時半前に到着するもの、30分並んだ時点で売り切れる。8時半ぐらいまでに並ぶべきだったかと。湯島天神は余裕があるので、五條天→湯島と歩くのがよいようだ。
※亀戸到着が11時だった。2時間待ちと言われたが、実際には1時間40分待った。一番小さい一号サイズが売り切れたが、それ以外は残っていた。
※新井天神到着が2時半頃。人気なく、余裕で入手できた。
※ちなみに、東京都国立市の谷保天満宮のうそ替えは11月3日。過去の三度の経験では、日中でも特に混んでいない。夕方6時には、高さ3mのマキの山2基が燃やされる「おかがら火」が始まるが、これはなかなか見応えあり。

1月28日

鎌倉
 明王院のお不動様がこの日のご開帳を最後に修理に出されると聞き、いざ鎌倉へ!

○光触寺[初拝]
 塩嘗地藏、一遍上人像(頬焼阿弥陀は秘仏。次回お会いするときの下見^^)

○明王院[初拝]
 初不動で五大明王拝観。1時からの護摩の後、肥後定慶作ともされる不動明王を目の前で拝観。お蕎麦のふるまいあり。ごちそうさまでした。

○浄妙寺[初拝]
 堂内拝観できず。

○報国寺[初拝]
 竹のお庭が見事。堂内の仏像拝観はできず(本尊釈迦如来座像は宅間法眼作で市文化財とのこと)

○杉本寺
 午年イベントとしてご本尊とのお手綱が設置されていた。本堂工事中だったが、通常どおり堂内拝観可能だった。

○高徳院 鎌倉大仏
 わたくしの“深刻な阿弥陀不足”を解消するため参拝。目的達成!

|

« 2013年仏像拝観をふりかえる | トップページ | 2014年2月仏像拝観リスト(中井不動堂の円空→光徳院千手観音→調布常楽院、杉並区栖岸院) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年仏像拝観をふりかえる | トップページ | 2014年2月仏像拝観リスト(中井不動堂の円空→光徳院千手観音→調布常楽院、杉並区栖岸院) »