« 美術院の修理に心揺れて~高幡不動尊の大日如来像 | トップページ | 平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その1 »

2009年2月13日 (金)

仏像盗難

 仏像に対面するとき、たくさんの思いがこみ上げてくる。
 でも、基本はこうだ。その仏像を作った人々への感謝、そして、それを今日まで守り伝えてきてくださった、たくさんの有名、無名の人々への感謝である。

 近年、目立ってきた仏像盗難のニュースには、怒りよりも悲しみのほうが強い。

 お金のためなのか、自分で独占したいだけなのか、犯人の動機はまったく分からない。

 でも、もし今、盗難仏を手元に持っている人がこれを読んでくれたのなら、すぐに、しかるべき場所に返してほしい。

 その仏像には、造立に携わった人々の思いと、それを守り伝えてきた人々の思いが詰っている。文化財指定の有無も、造形のよい、悪いも関係ない。

 過去の人々の思いを次世代に伝えていくのが、今に生きる私たちの仕事。事情はどうあれ、まずは仏様をお寺にお返しください!

090206_103801
↑朝日新聞2009.2.6朝刊記事
  写真の仏像(東寺のお不動さまと建仁寺の観音さま)の所在をご存知の方、お寺にご連絡を!

090213_093401
↑NHK2009.02.01夜7時のニュースより
  浅野さん「信仰の対象になる仏像をあえて盗難していくのは許せない。ぜひ思い直して戻してほしい」

090213_093501_2
↑同じくNHKニュースより
  こちらの毘沙門天さま(山科区の毘沙門堂)をご存知の方、どうぞお寺にご連絡を!

|

« 美術院の修理に心揺れて~高幡不動尊の大日如来像 | トップページ | 平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。