« 平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その1 | トップページ | 国宝三井寺展1 黄不動尊(仏画)と新羅明神坐像 »

2009年2月25日 (水)

平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その2

↓展覧会ポスター

081103_151901_2

081107_131401_2

↑ 美術館近くを流れる玉川上水

今日の仏像:

(1) 奈良・新薬師寺の香薬師如来立像(金銅、高さ75センチ、飛鳥時代後期)

  お写真:同寺のサイトhttp://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/img/butuzou/img2.html

(2) 平櫛田中の薬師如来立像(木彫金彩、高 124センチ、昭和39年)

  お写真:小平市サイトhttp://www.city.kodaira.tokyo.jp/bijyutsu/002/images/img_2389_1_1.jpg.html


(前記事からのつづき)

 最後になるが、この平櫛田中彫刻美術館には「記念館」と呼ばれる建物がある。もともと平櫛田中が居住していた家で、居住スペースの中に田中の作品が展示されている。

 その中の一つの作品に息を飲んだ。それは、奈良・新薬師寺の香薬師如来立像を平櫛田中が模刻したものだった。

 新薬師寺の香薬師さまは、白鳳期に典型的なあどけない童子のような微笑をたたえた金銅像で、昭和18年に3度目(!)の盗難にあって以来、いまだ見つかっていない仏さまである。最近、仏像の盗難があいつぎニュースになっているが、この仏様は、その美しさといい、複数回盗まれているという点といい、いわば「元祖 盗難仏」とも言える仏像だと私は思っている。

 平櫛田中 先生もこの薬師さまに思うところがあったのだろう。昭和39年、木彫に金の彩色でそのお姿を再現したのだった。

 田中の薬師さまは金色をベースにした彩色が美しいが、かえって本物との違いが際立って感じられ、悲しい気持ちになってしまった。

 新薬師寺の香薬師さまの微笑は白鳳彫刻の宝物。one and onlyのスマイルなのだ。

オリジナルの仏さまが見つかれば、気持ちも晴れると思うのだが。今頃どこにいらっしゃるのだろう。ご無事でのご帰還を祈るのみである。

|

« 平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その1 | トップページ | 国宝三井寺展1 黄不動尊(仏画)と新羅明神坐像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平櫛田中美術館「仏像インスピレーション」展 その1 | トップページ | 国宝三井寺展1 黄不動尊(仏画)と新羅明神坐像 »